【考察】ビヨンセはアルバム”Renaissance”から何曲披露するか?~前作を参考に~

Beyoncé

現在、2020年2月以来3年ぶりの生パフォーマンスに向けリハーサル中のビヨンセ。

今回開催されるライブはドバイでのプライベートパフォーマンスとのことで、映像などを見れないのが残念です。

プライベートライブなので、過去の例からしても恐らくオーソドックスな曲を集めたセットリストとなりそうで、2022年7月にリリースした新アルバム”Renaissance”からは1曲でも披露されれば御の字といえます。

ということで、”Renaissance”の曲の本格的な披露はもう少し先となりますが、今後アルバムからどのくらいの曲がコンサートで披露されるか、ファンとしては気になるところです。

そこで、今回は前回のソロアルバム”Lemonade”を取り上げ、アルバムからどれくらい曲が披露されるかの傾向をつかんでみたいと思います。

前作”Lemonade”では何曲がパフォーマンスされたのか

まず、2016年に発売されたソロアルバム”Lemonade”は何曲収録されているのでしょうか。

全12曲ということで、ビヨンセのアルバムとしては標準的な収録曲数です。

それでは各曲のパフォーマンス歴を一つずつ確認してみましょう

1.Pray You Catch Me → MTV Awards 2016

2.Hold Up → MTV Awards 2016、その他コンサート常連

3.Don’t Hurt Yourself → MTV Awards 2016、その他コンサート常連

4.Sorry → MTV Awards 2016、その他ツアーなど常連

5.6 Inch → Tidal x 1015、Formation Tourの一部公演で披露

6.Daddy Lessons → CMA Awards50th(2016)、Formation Tour(2016)

7.Love Drought → Grammys 2017

8.Sandcastles → Grammys 2017

9.Forward → 曲の一部がMTV awards 2016で使用

10.Freedom → BET Awards 2016、Get Out The Vote Concert (2016)、その他コンサート常連

11.All Night → Tidal x 1015、Formation Tour

12.Formation →SuperBowl50 Halftime Show(2016), MTV Awards 2016、Get Out The Vote Concert(2016)、その他コンサート常連

このようにしてみると、アルバムの全曲が何かしらの形でパフォーマンスされていることになります。

“Forward”の扱いをどうするかが微妙なところですが、この曲はそもそもビヨンセの声が入っていない1分程度の繋ぎ曲的ポジションなので、何かしら楽曲が流れただけでも「披露した」認証してよいかと思います。

一般的に、アルバムの中には「いつまでたっても披露されない曲」は少なからず存在する傾向の中、収録曲数が12曲とはいえ太っ腹対応かなと思います。

特筆すべきは、アルバムほとんどの曲がリリースされた2016年中にパフォーマンスされており、一番披露が遅い曲でも2017年でしたので、約1年の短期間で全曲が披露されたことになります。

アルバム”Lemonade”は、音楽のみならず映像にも力をいれた作品ですが、パフォーマンスにおいても一曲一曲が非常に個性的であり、音楽・映像・パフォーマンスの三拍子がそろったアルバムといえます。

タイミングのズレはあるが、最終的には8割以上披露するのでは?

前作では、「1つのコンサートで全曲披露」というわけではなかったものの、様々なライブを通して、アルバム全ての曲を完成度高くパフォーマンスしてくれました。

“Lemonade”以前のソロ作品を見ても、全曲とは言わないまでも全体の8割程度の曲を何かしらの形で披露しており、

今作の”Renaissance”はいつも以上に気合が入っていることもあり、大半の曲が披露されるのではないかと推測できます。

特に今作はテンポの近似している曲も多く、ビヨンセお得意のメドレー形式で一気に曲数を稼ぐことも考えられます。

おわりに

いよいよワールドツアーが復活する2023年。

アルバム”Renaissance”はリリースされて約半年が経過しますが、ミステリアスな部分もまだまだ存在します。

音楽・映像・パフォーマンスの3拍子をきちんとそろえてくる傾向にあるビヨンセが、今後”Renaissance”の曲をどのように披露していくのかが楽しみですね。

まずは、喫緊に開催されるドバイでのプライベートライブの情報を要チェックですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました